パーソナリティ障害(以前は人格障害とか性格障害と呼ねれていましたが、否定的なニュアンスが強すぎるためにこの名称に変わったようです)を患っている方は、自分自身の性格がおかしいとは感じていないのです。パーソナリティ障害(統合失調症などでも似た症状が現れ、他の精神疾患と併発することもあるので、診断はとても難しいといわれています)の要因となっているのがその人の人格に起因している為、自分自身はそれが普通だとされています。そのために、本人はパーソナリティ障害(DSMによる分類では、10種類のタイプをクラスタA・B・Cの3つにカテゴリ分けしています)だと自覚して、病院を受診する事はありません。パーソナリティ障害(以前は人格障害とか性格障害と呼ねれていましたが、否定的なニュアンスが強すぎるためにこの名称に変わったようです)の合併的な症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)として、不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)や抑うつなんかのうつ病(本人だけでなく周囲のサポートが必要不可欠でしょう)的な症状や、薬物中毒(覚せい剤などの違法な薬物に依存する場合と睡眠薬や鎮静剤などの合法の薬物に依存する場合があります)と言う依存症の発症があるのです。それで、本人がおかしいと感じて、心療内科(患者一人当たりにかける時間が長いことが多く、完全予約制となっている病院も少なくありません)、精神科等の医療機関(病院や歯科医院の他に、助産所、はり師やきゅう師などが施術を行う施術所、薬剤師が調剤を行っている薬局も含まれることがあるでしょう)を受診して、パーソナリティ障害(DSMによる分類では、10種類のタイプをクラスタA・B・Cの3つにカテゴリ分けしています)だと診断されるケースが多いのだとか。また、その行動が周りに迷惑をかけ、このまま社会生活(社会の構成員の一人として、生活を営んでいくことですね)を営んでいくのは困難だと周囲の人に判断された場合があります。家族や知人に心療内科や精神科(心療クリニックやメンタルクリニックという名称が使われていることも少なくありません)に連れて行かれて、パーソナリティ障害だと診断されてる事もあるらしいです。米国では、精神科(精神疾患が診療対象の診療科目です)外来患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)の20%、その上、入院患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)の10%程度がこのパーソナリティ障害(統合失調症などでも似た症状が現れ、他の精神疾患と併発することもあるので、診断はとても難しいといわれています)で占められていると思っているのです。これは日本でも同様で、精神科(精神疾患を扱います。精神的な症状、心の問題などを専門に扱う科です)の入院患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)の5〜10%をパーソナリティ障害(ICDによる分類では、大まかに10種類に分けられます)が占めているのです。このことを受け、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)ガイドラインも策定されて積極的な取り組みを行う治療施設(より専門的で高度な治療が受けられるでしょう)も増え始めていらっしゃるのではないでしょうか。ただ、それとは逆に、パーソナリティ障害(ICDによる分類では、大まかに10種類に分けられます)は治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)が大変難しい精神疾患(誰でもかかる可能性があります)でもあるでしょう。激しい興奮や自殺の念が強い場合には、閉鎖病棟や隔離室での治療が必要となるケースもあるかもしれませんね。その為に、残念ながら精神科(精神神経科ともいい、精神発達遅滞や中枢神経疾患なども診療対象となるでしょう)の医療機関(医師や歯科医師が治療を行う施設のことをいいますね)でも施設の規模などによりは治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を断るところもあるようですー